デリデリキッチン レシピ 2007.1

デリデリキッチン レシピ 2007年1月31日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月31日
『マルまる◎ニンニクで鶏と長イモのスタミナ煮』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”頑張れ!合格祈願メニュー”です。


2007年1月31日のデリデリキッチンは、
『マルまる◎ニンニクで鶏と長イモのスタミナ煮』


今日もデリデリキッチンレシピで、受験生の応援します。
鶏モモ肉、ニンニク、長イモでスタミナつけて、もう一踏ん張り!レシピです。
合格に向けてラストスパートはデリデリキッチンレシピで弾みをつけましょう。


中華料理人の金萬福さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■多めのサラダ油を中華鍋に入れて160℃に熱し、ニンニク10かけを全体が茶色になるまで素揚げし、油ごと取り出し油を切る。
切った油は残しておく。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
竹串で刺してみて刺さればOK。中が柔らかくホクホクに。少々黒くなっても大丈夫。

■再び切ったサラダ油を中華鍋に入れて熱し、みじん切りショウガ大さじ1と種を取り輪切りにした赤唐辛子2本分と一口大に切った鶏モモ肉2枚450g分を加えて炒める。
■酒大さじ1を加えてアルコール分を飛ばし、皮をむき乱切りにしたニンジン大1/2本120gを加えて炒め、湯1 1/4カップに顆粒鶏ガラスープ小さじ1強を溶かしたものを加えて一煮立ちさせてニンニクを戻し入れる。

■しょうゆ大さじ1 1/2、オイスターソース大さじ1/2、塩小さじ1、ハチミツ大さじ1 1/2を加え、皮をむいて乱切りにした長イモ200g分を入れて蓋をして4分程度蒸し煮する。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
ハチミツは鶏肉、ニンニクととても合います。この段階のハチミツはコクを出す。

■蓋を取り、筋を除いたキヌサヤ12枚を加えて一煮立ちさせたら、水溶き片栗粉適量を加えてとろみをつけ、仕上げ用のハチミツ大さじ1を加えて器に盛り、白いりゴマをふったら出来上がり♪
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
仕上げ用のハチミツは甘み、照り、つやを出すため。


はちみつも入っているんですが、これがニンニクと鶏肉が合うんです。
今日のデリデリキッチンレシピは2回に分けてハチミツを入れるのもポイントで、甘さと香りと照りを出すそうです。簡単に美味しそうな中華煮ができるのもデリデリキッチンらしいレシピですよね。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月31日
『マルまる◎ニンニクで鶏と長イモのスタミナ煮』

デリデリキッチン レシピ 2007年1月30日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月30日
『ミートソースでとろ〜り・ポークカツ』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”頑張れ!合格祈願メニュー”です。


2007年1月30日のデリデリキッチンは、
『ミートソースでとろ〜り・ポークカツ』


今日もデリデリキッチンレシピは、受験生応援しますよ。
ベタではありますが、受験に勝つ=カツということで、勝つためのイタリアンポークカツのレシピです。
パワー全開の勝負料理はデリデリキッチンレシピでどうぞ。


「ラ・ベットラ」オーナーシェフの落合務さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■トンカツ用の豚ロース肉4枚(1枚100g)を手で少し押させてから筋切りして塩、黒コショウ適量で両面に下味をつける。
■豚肉に小麦粉、溶き卵、パン粉を適量順番につける。

■フライパンを熱しサラダ油適量と食塩不使用バター大さじ1/2を入れて、豚肉を入れ弱火で5分程度揚げ焼きして取り出し、油を切る。
フライパンの余分な油も拭いておく。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
豚肉は表になる方から焼く。

■豚肉1枚の上にスライスハム2枚ずつのせ、食べやすい大きさに切る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
食べやすい大きさに切るのがコツです。

■フライパンにオリーブオイル適量を熱して3cmの長さに切ったホウレンソウ1/2束分を入れて塩をふってしんなりするまで炒める。
さらに市販のミートソース400gを加え濃度を水50cc〜で調節しながらすりおろしたパルメザンチーズ大さじ3と食塩不使用のバター大さじ1を加えて溶かす。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
ホウレンソウはいろどり、食感を加えるために効果的。そのまま炒めてよい。

■カツを入れて、薄切りにしたモッツァレラチーズ2個分とすりおろしたパルメザンチーズ大さじ2をのせて蓋をし、約2分加熱した後、お皿へ盛りつけたら出来上がり♪


揚げ焼きした豚カツにハムまでのせてミートソースで煮て、上からチーズものせて見た目もとっても美味しそうなレシピです。
しかもデリデリキッチンレシピらしく簡単にできちゃいますので、受験生のお子さんにさっとスタミナ料理出して揚げられますね。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月30日
『ミートソースでとろ〜り・ポークカツ』

そうそう、不二家の問題でネクターが販売停止だそうですね。。。
 
ちょっとやわらか戦車のグッズ気になります!

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月29日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月29日
『たぬきで合格!カレーうどん』


今日のテーマは、先週のデリデリキッチン レシピに変わり、”頑張れ!合格祈願メニュー”です。


2007年1月29日のデリデリキッチンは、
『たぬきで合格!カレーうどん』


今日のデリデリキッチンレシピは、とってもシンプルですが食欲をそそるカレーうどんのレシピです。
受験生達の力になってくれること間違いないなし!?
デリデリキッチンレシピで度々登場するデリじょうゆが今回のカレーうどんにも強い見方になってくれますよ。


「菊の井」主人の村田吉弘さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■油揚げ2枚を幅2等分し、細切りにする。

■だし汁6カップにデリじょうゆ120ccを鍋に入れて一煮立ちさせて、カレー粉はだし汁で溶きのばしながら加える。
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ3 1/2を同量の水で溶かす)を加えてとろみをつける。

■九条ネギ1束を斜め薄切りにして油揚げと一緒に加えてさらに少し煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
具材は水溶き片栗粉でしっかりとろみをつけてから加える。

■たっぷりの熱湯に冷凍うどん4玉をいれて茹でて、ざるに上げて湯を切る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
一回沸騰すればOK。(3〜4分)

■器にうどんを盛り、汁をかけて真ん中に温泉卵(市販品)をのせたら出来上がり♪


【デリじょうゆの作り方】
しょうゆ、みりん各1カップに5cm角の昆布1枚を密閉した容器に入れて一日おく。
次の日昆布を取り出して冷蔵庫で3ヶ月ぐらい保存可能です。

 

とろみ加減がまた最高、あっ!もうできたの?って感じで今日のデリデリキッチンレシピは作り方もいたって簡単です。
ちなみに関西では、きつねうどん:大きいあげ、きざみうどん:刻んであるあげ、たぬきうどん:あんかけ、かみなりうどん:あげ玉がそれぞれ入ったうどんのことを言うのだそうです。
今日のデリデリキッチンレシピで受験生の応援をしてあげてくださいね。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月29日
『たぬきで合格!カレーうどん』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月26日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月26日
『ふんわり♪豚バラ天津丼』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”格安!500円メニュー”です。


2007年1月26日のデリデリキッチンは、
『ふんわり♪豚バラ天津丼』


今日のデリデリキッチンレシピは、豚バラ肉を使った具だくさんの卵焼きをご飯の上にのせてあんかけをかけたボリュームたっぷりの天津丼のレシピです。とても500円とは思えないレシピです。


料理研究家の河村みち子さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■豚バラ薄切り肉100gを1cm幅ぐらいに細切りにして塩小さじ1/3をふり、ボウルへいれて酒小さじ1、黒コショウ適量で下味をつける。
■長ネギ1本を縦半分にし、芯の部分は小口切りで、残りの部分は5cmの長さの千切りにして水にさらし水気を切り白髪ネギにしておく。

■サラダ油適量をフライパンに入れて熱し、石づきを除き半分に切って薄切りにしたシイタケ4枚分を入れて1分程度炒め、豚肉を入れて2分程度炒める。
長ネギの小口切りも加えて、塩を適量加えさらに炒める。

■バットにとりだして粗熱を取る。
■ボウルに卵8個分を溶きほぐし、塩小さじ1/3、黒コショウ適量、酒大さじ2を入れて混ぜ、バットに取り出した具材を入れて混ぜ合わせる。

■湯3カップに顆粒鶏ガラスープ小さじ1 1/2を溶かしたもの、酒大さじ1、しょうゆ小さじ2、オイスターソース小さじ1を合わせて一煮立ちさせ、水溶き片栗粉適量を加えてとろみをつけ、ごま油小さじ1を加えてあんをつくる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
オイスターソースを入れてあんを作る際に味見をして塩で塩加減を調整するとよい。
水溶き片栗粉は火をかけたままふつふついうまで。

■直径18cmの別のフライパンを用意しサラダ油を適量入れて熱し、溶き卵の1/4を流し入れて半熟状のオムレツを焼く。これ同じくを4人分つくる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
お酒を入れると卵がふんわり仕上がる。

■どんぶりにご飯を盛り、半熟のオムレツを上手にのせてつくっておいたあんをかけて、ざく切りの三つ葉1/3束分、へたと種を除き細切りにした赤パプリカ1/4個分をそれぞれ1/4ずつ、白髪ネギをざっと混ぜてトッピングしたら出来上がり♪


卵の半熟具合が最高!ボリューム満点、具だくさんに大満足の今日のデリデリキッチンレシピはみっちーこと河村さんの絶品レシピです。
今日のデリデリキッチンレシピの食材490円だそうです。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月26日
『ふんわり♪豚バラ天津丼』

デリデリキッチン レシピ 2007年1月25日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月25日
『はんぺんと春雨のとろ〜り煮』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”格安!500円メニュー”です。


2007年1月24日のデリデリキッチンは、
『はんぺんと春雨のとろ〜り煮』


今日のデリデリキッチンレシピは、はんぺんと春雨っていう組み合わせが新鮮なご飯によく合います。きのこのうま味とほうれん草のあおみが絶妙な調和を生んでいる格安料理レシピです。


「笹岡」主人の奥笹岡隆次さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■焼き網にはんぺん2枚240gをのせ片面だけこんがりと焼き色がつくまで焼き、6つに切り分ける。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
はんぺんをのせる前に網をよく焼く。くっついてしまうので。
焼きむらのないように焼くが焼きすぎ注意。

■だし汁3 1/2カップを鍋に入れて、湯でもどし食べやすい長さに切った緑豆春雨50g、粗みじん切りの長ネギ1/3本分、石づきを取って4等分に切ったシイタケ、石づきを取って小房に分けたシメジ各1パックずつを入れて約5分煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
シメジは煮るとキトサンがでる。シイタケの石づきは固いところだけ取る。

■たっぷりの湯に塩(分量外)を加えて沸騰させた熱湯でホウレンソウ1/3束分をさっとゆで、取り出して水にさらし、繊維をつぶさない程度に水気をしっかりと絞り、4,5cmの長さに切る。

■上の鍋に酒、しょうゆ各大さじ3 1/3、みりん大さじ4、塩をふたつまみくらい加えて1.2分ほど煮て水溶き片栗粉適量を加えて一煮立ちさせ最初に焼いておいたはんぺんを加える。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
味は煮詰まると濃くなるので塩加減は少な目にしておきあとで味見をして追加する。

■さらに茹でたホウレンソウを加えて、器に盛りラー油適量をかけたら出来上がり♪
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
辛みが入るとおいしくて味にメリハリがつく。


はんぺんは安いし煮るとボリュームも出る手軽な食材で、片面をこんがり焼いた今日のデリデリキッチンレシピは格安アイデアレシピですね。ご飯が食べたくなるメニュー。
今日のデリデリキッチンレシピの食材450円だそうです。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月25日
『はんぺんと春雨のとろ〜り煮』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月24日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月24日
『麻婆豆ふぅ!?』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”格安!500円メニュー”です。


2007年1月24日のデリデリキッチンは、
『麻婆豆ふぅ!?』


今日のデリデリキッチンレシピは、麻婆豆腐みたいだけどあっさり和風塩味の豆腐料理のレシピです。
常識破りの奥薗マジックレシピを存分に味わってみましょう!


料理研究家の奥薗壽子さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■火をかけない状態でフライパンに鶏ひき肉200gと塩小さじ1〜1 1/2を入れて混ぜて、すり下ろしたショウガ大さじ1/2も加えて混ぜ、さらに水・酒各1カップを加えて混ぜる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
ショウガは鶏肉の臭みを消す効果がある。

■1×10cmの昆布1枚と干ししいたけ3枚をキッチンばさみで切りながら加える。
ここではじめて火をかけて2分ほど煮て沸騰させる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
干しシイタケは薄めに切るのがポイント。どんこは厚いのでNG。
干しシイタケを水で戻さないのが奥薗流です。

■根元を落とし半分の長さに切ったエノキダケ1袋分、石づきをを除き小房に分けたシメジ1パック分を入れて2,3分煮て、水溶き片栗粉適量でとろみをつける。
■水切りし食べやすい大きさに切った絹ごし豆腐1丁とみじん切りにした長ネギ1本分を加えて温まるまで煮て、コショウ、ごま油を適量加えてざっと混ぜてお皿に盛りつけたら出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピは麻婆豆腐の塩味版といった感じです。このボリュームで500メニューとはびっくりしますね。
奥薗さんの講師の時はいつも楽しいレシピです。
あなたも是非今日のデリデリキッチンレシピ、トライしてみてくださいね。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月24日
『麻婆豆ふぅ!?』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月23日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月23日
『ジューシー・ディアボラ風チキン』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”格安!500円メニュー”です。


2007年1月23日のデリデリキッチンは、
『ジューシー・ディアボラ風チキン』


今日のデリデリキッチンレシピは、カルミネさんがアレンジしたディアボラ風(イタリア語で小悪魔風)のチキン料理のレシピです。
これもとても500円とは思えないメニューです。


「カルミネ」オーナーシェフのカルミネ・コッツォリーノさんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■ジャガイモ(メークイン)2個の皮をむき1cm角切りにして、塩(分量外)を入れた熱湯に入れて5分ほどゆでる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
硬さを確認しながらゆでる。

■鶏モモ肉2枚(400g)を半分に切り、塩、黒コショウ適量で下味をつける。

■オリーブオイル適量をフライパンに入れて熱し、つぶしたニンニク1かけを入れて炒めて鶏肉を皮目から入れて重しをしながら両面をカリカリになるくらいまで焼く。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
重しの仕方:鶏肉の上にお皿を乗せてその上に水の張った鍋を乗せる。
重しをすることでこんがりジューシーに焼き上がる。

■ボウルにオリーブオイル大さじ4、レモンの絞り汁大さじ1強、つぶして手でちぎったニンニク1かけ、塩、黒コショウ適量、種ごと手でちぎった赤唐辛子4本、みじん切りパセリ大さじ1〜2を加えて混ぜ合わせ、そこへ、鶏肉を焼いて出てきた脂分も加えて混ぜソースを作っておく。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
鶏肉を焼いて出た脂分を加えることで旨みが増す。

■別のフライパンにオリーブオイル適量を入れて熱し、つぶしてちぎったニンニク1かけを入れて炒め、ジャガイモを湯を切って入れ、みじん切りパセリを適量も加え、黒コショウ適量をふって炒める。
味見をしながら塩を適量加える。

■器に鶏肉とジャガイモを盛りつけ、作っておいた特製ソースをたっぷりかけたら出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピは外はカリッと中はジューシーなお家でも簡単に作れるものしか考えないというカルミネさんの渾身のレシピです。
日本人好みのテイストに仕上がった今日のデリデリキッチンレシピでぜひトライしてみてくださいね。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月23日
『ジューシー・ディアボラ風チキン』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月22日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月22日
『豚バラと白菜のあったか煮』


今日のテーマは、先週のデリデリキッチン レシピとは変わり、”格安!500円メニュー”です。


2007年1月22日のデリデリキッチンは、
『豚バラと白菜のあったか煮』


今週のデリデリキッチンレシピは、今年最初の500円メニューです。
豚バラと白菜は相性抜群、格安なのに食べ応えたっぷりの懐も温かいレシピです。


「割烹 久田」久田政隆さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■豚バラ薄切り肉200gに片栗粉適量をまぶし、食べやすい大きさに切る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
切る前にまぶした方がGOOD!このアイデアは目から鱗でした。
片栗粉はうま味を閉じこめる、つるっとした食感にする、ちょっとしたとろみでだしが食材にからみやすくする効果がある。

■だし汁6カップとしょうゆ大さじ2 1/2、みりん大さじ2、塩小さじ1を鍋に入れて一煮立ちさせる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
みりんは食材のおいしさを引き立てる。

■白菜は手に見立てて手の平部分(芯の部分)を縦に細切りに、指の部分(葉の部分)はざく切りにする。
鍋に芯の部分を入れて3分ほど煮たてしんなりしたところで葉も入れてさっと煮る。
さらに豚肉を入れて最後に薄い乱切りの長ネギ1本分を加えてさっと煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
白菜の切り方がポイント。煮るタイミングによって食感が残って白菜のおいしさを感じる。
長ネギはネギの本体を回しながら切っていく。食感が残っていた方がうま味が逃げない。
白菜は芯から煮て時間差で均等にしみ込ませるのがコツです。

■器に具を盛り、上からスープをかけ、紅生姜適量をのせ、粗挽きの黒コショウ適量をふったら出来上がり♪
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
器に盛るときは下に置いて上からかけると器があまり汚れない。


今日のデリデリキッチン レシピでは色々素材を生かす料理のノウハウを教えてくれてましたよ。
久田さんありがとうございます。
500円でも食べ応えあるデリデリキッチンレシピで料理上手になりましょう!


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月22日
『豚バラと白菜のあったか煮』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月19日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月19日
『ふんわり・なめらかクリーミーキャラメル』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピとは変わり、”デリ×デリスウィートDAY”です。


2007年1月19日のデリデリキッチンは、
『ふんわり・なめらかクリーミーキャラメル』


今日のデリデリキッチンレシピは、ちょっと大人な感じのキャラメルムースのレシピです。
このレシピで驚くべきは材料の少なさです。一流パティシエ高木さんにかかればこんなに簡単にデリデリキッチンレシピのスイーツができちゃいます。


「ル・パティシエ・タカギ」オーナーシェフの高木康政さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■グラニュー糖50gを鍋に入れて中火で火にかけて、2,3分ほどかけてきつね色になるまで加熱する。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
ドーナッツのように真ん中をあけて動かさない!

■上記を加熱しながら生クリーム1カップ(乳脂肪分45%)を別の鍋に入れて一煮立ちさせ、止める。

■グラニュー糖がきつね色になってきたら泡立て器で混ぜ火を止めて上の生クリームを少しずつ加えて混ぜ合わせる。
裏ごししてなめらかにし、塩ひとつまみを加えて混ぜて、氷水に当てながら混ぜる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
茶色になってきたら混ぜる。こげくさくなるがOK。
生クリームを加えるときははねるので注意。
塩を加えるとスイカのようにより甘みが引き立つ。

■泡立て器で八分立てにして、絞り袋に入れて器に絞り出す。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
泡立て器の中に入ってしまうぐらいモッチリに。
冷やさないとなかなか八分立てにならない。

■から煎りして刻んだピスタチオ、アーモンド、カシューナッツを適量をトッピングして、市販のチョコレートソースをかけ、ミントの葉適量を飾れば出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピは信じられない材料の少なさでこのクオリティは絶品です。
大人の方にはラム酒やブランデーなどをかけて召し上がってもGOOD!お子さん用にはカラメルを焦がさず早めに火を止めるといいそうです。
今日のレシピはホント簡単ですからダマされたと思って作ってみてくださいね。
スイーツも超簡単!デリデリキッチンレシピで手軽にデザートはいかがですか?


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月19日
『ふんわり・なめらかクリーミーキャラメル』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月18日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月18日
『ジューシーつくねのあったか・きのこ鍋』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”お鍋ひとつであら簡単メニュー”です。


2007年1月18日のデリデリキッチンは、
『ジューシーつくねのあったか・きのこ』


今日のデリデリキッチンレシピは、つゆごと食べる鶏つくねときのこが4種類も入ったあったか鍋のレシピです。体にも味にも優しい鍋は豆腐をまるごとくずしながら食べる笹岡流でデリデリキッチンレシピの料理を楽しんでくださいね。


「笹岡」主人のの笹岡隆次さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■だし汁6カップを土鍋に入れて沸かし、石づきを取って小房に分けたシメジ1パック分、石づきを取って2等分に切ったしいたけ大6枚分、根元を落として6等分に分けたエノキダケ1袋分、なめこ1袋分を入れて3,4分煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
なめこは洗わないでそのままでよい。

■鶏ひき肉200gをボウルに入れてみじん切りしょうが小さじ2、みじん切り長ネギ1/4本分、薄力粉大さじ1、塩小さじ1/4を入れてよく混ぜ合わせる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
塩は鶏肉のうまみがでてツルンとする。
薄力粉はジューシーになる。<参考>片栗粉はもちもちツルツルに。

■上記をスプーンなどで団子状にすくって土鍋に加えて、酒大さじ1 1/3、みりん大さじ4、しょうゆ大さじ3 1/3、塩小さじ1 1/2と木綿豆腐1丁350gをそのまま加え7,8分煮て、味見をし、必要ならば塩を適量加えて調整する。

■水溶き片栗粉適量を加えてとろみをつけ一煮立ちさせ、最後に半分の長さに切った春菊1/2束分をさっと加え千切りにしたユズの皮適量をちらせば出来上がり♪
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
なめこでも少しとろみがつくので片栗粉の量は適当に調切する。
豆腐は丸ごと入れて、、みんなでくずしながら食べるのがGOOD!


今日のデリデリキッチン レシピ材料のきのこは体の味方です。
キトサンという成分が含まれていて体内の脂肪を燃焼させ体外に排出させる働きがあります。
解毒や細胞の活性化効果もあり、今日のレシピは10分以上煮ることで煮汁にしみだし、汁ごと食べることでキトサンを摂取しやすいそうですよ。
しかも鍋1つでできてしまうこのデリデリキッチンレシピで手軽に健康になりましょう。

↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月18日
『ジューシーつくねのあったか・きのこ』

 

それにしても、不二家の3秒ルールってあきれますね。。。
料理や食品をお客様へ提供するプロのやることとは到底思えません!
プロ意識を持っていれば。。。

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月17日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月17日
『ピリッと辛フル!まんぷく炒め』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”お鍋ひとつであら簡単メニュー”です。


2007年1月17日のデリデリキッチンは、
『ピリッと辛フル!まんぷく炒め』


見た目もカラフルな食欲をそそる大満足な今日のデリデリキッチンレシピは金さんの中華その名もまんぷく炒めのレシピです。


中華料理人の金萬福さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■3等分に切ったインゲン15本120gをお皿に並べて、軽く水を振ってラップをし、電子レンジ500Wで1分30秒加熱する。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
インゲンを洗った水分が残ったままの状態でもよい。
電子レンジ500Wで1分30秒というのは楽だし食感もちょうどよい。

■焼肉用の牛カルビ肉250gを1cm弱幅の細切り(棒状)にしてボウルに入れ、酒大さじ1、しょうゆ小さじ2を加えて下味をつける。
■別のボウルにお湯大さじ3に顆粒鶏がらスープ少量を溶かしたものと、甜面醤、オイスターソース、しょうゆ各大さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじ1/3を入れて混ぜて合わせ調味料を作っておく。
■サラダ油適量を中華なべに入れて熱し、みじん切りのニンニク、しょうが各小さじ1、豆板醤小さじ1 1/2を入れて香りが出るまで炒める。

■そこへ牛肉を入れて炒め、5cm長の拍子木切りにした大根約1/6本250gを加えて炒め、さらにヘタと種を取り除き細切りにした赤パプリカ1/2個分も加えてさっと炒め、合わせ調味料を加えて炒め合わせる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
野菜具材も牛肉と同じような形にすると見た目が良い。

■水溶き片栗粉適量を入れてとろみをつけて、インゲンを加えてからめ、ごま油小さじ1を入れて香り付けをしてお皿に盛れば出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピはご飯にもお酒にも合う中華炒めのレシピでしたが、お好みで豆板醤追加して辛さを調節してもいいそうですよ。
今週のデリデリキッチンのレシピは鍋ひとつでできてしまうメニューで、今日は中華なべでちゃちゃっと出来てしまいます。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月17日
『ピリッと辛フル!まんぷく炒め』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月16日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月16日
『イタリアン雑煮』


今日のテーマは、先週のデリデリキッチン レシピとは変わり、”お鍋ひとつであら簡単メニュー”です。


2007年1月16日のデリデリキッチンは、
『イタリアン雑煮』


なんとお雑煮をイタリアン風に仕立てた今日のデリデリキッチンレシピは落合さんの技が光るレシピです。
野菜のうま味と甘みがスープに出ていて絶品です。


「ラ・ベットラ」オーナーシェフの落合務さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■オリーブオイルをけっこう多めに鍋に入れて熱し、薄切りタマネギ1/2個分、叩いてから粗みじん切りに切ったセロリ1/2本分、種を除いた赤唐辛子1本を入れて1分ほど炒める。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
セロリをまな板の上でペンペン叩く。繊維を断ち切るためと、香りを出すため。

■お湯4カップを加え、2分ほど煮たら赤唐辛子を取り出し、食べやすく切った豚バラ薄切り肉300g、細切りにした白菜の芯の部分6枚分を入れる。
■オーブントースターに2等分にした切り餅4個分を入れて3,4分焼く。

■鍋に石づきを取って小房に分けたシメジ1パック分、水煮の鮭缶1缶190g入り、根元を落としほぐしたエノキダケ1袋分、ざく切りにした白菜の葉の部分6枚分を順に加え、蓋をして1〜2分煮て、ナンプラー大さじ2を加え、塩・黒コショウ適量で味を調整する。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイント!
コショウは強めが美味しい。
鮭缶は粗くほぐし、缶汁も加えてうま味を丸ごと使って風味とコクを出す。

■鍋に焼いたおもちを加えてお皿に盛り、お好みですりおろしたオリーブオイル、パルメザンチーズ各適量をかけたら出来上がり♪
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
お好みでオリーブオイルをかけ混ぜて味わい、次にパルメザンチーズをかけて味わうと色んな味が楽しめる。
おもちが残ったらミートソースをからめチーズをのせてもOK。


今日のデリデリキッチン レシピは餅を使って雑煮のレシピでしたが、ご飯を使って雑炊仕立てにしてもいいそうですよ。
今週のデリデリキッチンのレシピは鍋ひとつでできてしまうメニューなので片づけも簡単で嬉しいです。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月16日
『イタリアン雑煮』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月12日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月12日
『クリームあずきア・ラ・モード』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピとは変わり、”デリ×デリ★スウィートDAY”です。


2007年1月12日のデリデリキッチンは、
『クリームあずきア・ラ・モード』


ふんわり軽いムースといった感じのきょうのデリデリキッチンレシピは高木さんのオリジナルア・ラ・モードのレシピです。
ふんわり軽いムースといった感じのクリームあずきの食感が絶品レシピです。


「ル・パティシエ・タカギ」オーナーシェフの高木康政さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■板ゼラチン2gを水でふやかし、水気を絞ってボウルに入れ、生クリーム200gの中から大さじ2ほどを加えてラップをしないで電子レンジ500Wで30秒加熱する。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
板ゼラチンはふやかしてぎゅっと絞る。

■別のボウルに残りの生クリームを入れて泡立て器で六分立てにする。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
泡立てすぎるとあずきと混ぜるときに分離してしまう。

■さらに別のボウルに常温に戻したゆであずきを入れて、レンジから出したものを加える。
そしてさらに泡立てたクリームを加えてゴムベラで混ぜ合わせる。

■約20cm×18cmのバットに上記のものを流し入れてラップして冷蔵庫で1時間冷やして固める。
■また別のボウルにココナッツミルク1/2カップ、牛乳1/4カップ、ガムシロップ大さじ2を入れて混ぜ、袋の表示通りに茹でたタピオカ30gを加えて混ぜる。
■器にあずきクリームをスプーンですくって盛り、みかん缶詰、へたを取り半分に切ったいちご、ラズベリー各適量を彩りよく飾り、上のシロップをかけて、抹茶適量を茶こしでふり、セルフィーユ適量を飾ったら出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピはクリームあずきのオリジナルア・ラ・モードでした。
和洋折衷なデリデリキッチンのスイーツレシピです。


余談ですが、先日あるある大辞典2で納豆ダイエットの放送がありましたが、納豆が店頭から消えている状態みたいです。
これっていつまで続くのでしょうか?


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月12日
『クリームあずきア・ラ・モード』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月11日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月11日
『ぬくもり・たっぷり月見とろろそば』


今週のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”あったか麺でポッカポカメニュー”です。


2007年1月11日のデリデリキッチンは、
『ぬくもり・たっぷり月見とろろそば』


年越しそばを食べ損ねた私。。。今日のデリデリキッチンレシピを見たら、無性におそばが食べたくなりました。
私の大好きなおそばをまたまた大好きなとろろと卵黄で月見そばのレシピです。
まさにぬくもりを感じるデリデリキッチンのレシピで暖まりましょう!


「笹岡」主人の笹岡隆次さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■だし汁6カップを鍋に入れて沸かして、根元を切り大きめにほぐしたエノキダケ2袋分を入れて2分程度にてうま味をだす。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
エノキダケはほかのきのこでもOK。えのきはうま味が出やすい。

■酒大さじ2/3、みりん大さじ4弱、しょうゆ大さじ2、塩小さじ2を加えて味見をし、味が足りなかったら塩を足し、1cm幅に切った油揚げ2枚分を入れて煮る。

■たっぷりの熱湯でおそば400gを5,6分茹でる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
乾麺は湯がき時間が違うので注意。

■汁に水溶き片栗粉適量を加えてとろみをつけ、5cm長に切ったミズナを加えて一煮だちさせる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
汁がさらさらだとヤマトイモをのせても混ざってしまうのでとろみがあるとGOOD!
ミズナは青くさいので一煮だちさせ食感と青みを。

■器に茹でたおそばを湯を切ってすぐに盛り、汁をかけて、皮をむいてすり下ろしたヤマトイモ1/2本130gをのせ、中央に卵黄を置き、お好みで七味唐辛子をかけて出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピは月見そばなんですが、とろろが卵白のように見えておそばの上に目玉焼きがのっているみたいです。ぬくもりを感じるデリデリキッチンレシピです。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月11日
『ぬくもり・たっぷり月見とろろそば』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月10日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月10日
『エビとササミのアジアンにゅうめん』


今週のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”あったか麺でポッカポカメニュー”です。


2007年1月10日のデリデリキッチンは、
『エビとササミのアジアンにゅうめん』


ナンプラーを加えたアジアン屋台風のお洒落なあったかそうめんのレシピです。
炒めた野菜類でボリュームアップしてもいいですね!
ポッカポカのデリデリキッチン レシピで冬の寒さを吹っ飛ばしましょう!


料理研究家の奥薗壽子さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■水6カップを鍋に入れて、1×10cmの昆布をキッチンばさみ等で細切りにして加え、火にかけて沸騰させる。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
1×10cmの昆布は用意しておくと結構使えます。細切りにして加えればだしを取ったあと取り出さなくてもよい。

■鶏ササミ6本250gは筋があったら取り除き、塩小さじ2/3〜1をまぶす。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
ササミは茹でるので若干きつめに塩気をつける。

■鍋に鶏ササミと背わたを取り除いたエビ(ブラックタイガー)4尾を入れて中火で2〜3分茹でて取り出す。
粗熱が取れたら鶏ササミをフォークなどでほぐし、エビは尾を残して殻を取り除く。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
エビはだしが出るので殻のまま茹でる。
ササミをほぐすのは適当でよい。

■種を取り除き小口切りした赤唐辛子1本分とナンプラーをまずは大さじ2を入れて、あとはお好みでそうめんを加えた後、味見をし様子を見ながらさらに加える。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
ナンプラーを加えると簡単にアジアン風に!

■別の鍋にたっぷりのお湯を沸かして、そうめん6束300gを入れて約1分茹でて、湯を切り、スープの鍋に加え入れさらに温める。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
そうめんはあとでさらに温めるので、茹でるのは表示より短くし、やや固めにしておく。

■器にそうめんを盛り、ササミとエビをのせて、スープをかけ、ざく切りの三つ葉、くし形切りのレモン各適量をのせたら出来上がり♪
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
最初レモンを搾らずにいただき味を楽しんだ後に、レモンを搾って酸味を楽しむのが奥薗流です。


今日のデリデリキッチン レシピは奥薗さんのちゃちゃっと驚くほど簡単なあったかそうめんのレシピです。
本当に簡単ですぐ作れちゃうので忙しいときなど使えるレシピですね。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月10日
『エビとササミのアジアンにゅうめん』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月9日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月9日
『白インゲンのトマトスープパスタ』


今週のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”あったか麺でポッカポカメニュー”です。


2007年1月9日のデリデリキッチンは、
『白インゲンのトマトスープパスタ』


きしめんほどの平べったい麺を使った白インゲンの缶詰とトマト缶で作る特製スープパスタのレシピです。
寒いこの季節、今日のデリデリキッチン レシピは重宝しますね。


「カルミネ」オーナーシェフのカルミネ・コッツォリーノさんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■缶詰の白インゲン豆400gの半分を缶汁適量と一緒にミキサーにかけて、ペースト状にする。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
白インゲンをペースト状にしてとろみをだす。

■オリーブオイル大さじ5、つぶしたにんにく1かけ、ローズマリー1枝を鍋に入れて炒め、にんにくの香りが出てきたら火を止め、ホール状のつぶしたトマト缶240gを加える。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです。
火をかけたままトマト缶を加えるとはねる危険性があるので火を止めてから加える。

■トマト缶を混ぜてから再び火にかけ、湯6カップとペースト状の白インゲン、残りの白インゲン豆を缶汁を切って入れて一煮立ちさせる。

■パスタ(タリアテッレ)120gを手で折りながら加え、塩・黒コショウ適量を加えて10分程度煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
タリアテッレは手で折りながら加えると手軽で扱いやすい。

■お皿にパスタを盛り、スープもかけて、オリーブオイル適量を回しかけて出来上がり♪


今日のデリデリキッチン レシピは短時間で作れて、作った翌日でも美味しく食べられるとはカルミネさんやりますね!さすがデリデリキッチンのレシピです。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月9日
『白インゲンのトマトスープパスタ』

デリデリキッチン レシピ 2007年1月8日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月8日
『ぬくもり雪見うどん』


今週のテーマは、先週のデリデリキッチン レシピに変わり、”あったか麺でポッカポカメニュー”です。


2007年1月8日のデリデリキッチンは、
『ぬくもり雪見うどん』


お正月気分もそろそろ抜けてきた頃でしょうか?まだまだ寒さのまっただ中ですので、今週のデリデリキッチン レシピは見逃せませんね。
とろみのついた大根おろしで雪見っていうのは冬らしくてまた素敵なレシピです。


「割烹 久田」主人の久田雅隆さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■だし汁6カップと薄口しょうゆ大さじ1 1/2、みりん大さじ2、塩小さじ2を鍋に入れて一煮立ちさせる。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
しょうゆは控えめ、塩は強め、みりんは隠し味で入れる。

■皮をむきすり下ろした大根500g(約1/2本分)の水気を軽く切って鍋に加え入れ、ひと煮だちさせて味見をし、薄いようならしょうゆを適量加えて味を調え、片栗粉大さじ3を水大さじ6で溶かした水溶き片栗粉でとろみをつける。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
下ろした大根はあまり絞りすぎるとうま味がなくなってしまうのでポタポタとたれるくらいでよい。
大根は煮すぎるとあくがでやすいが、肉や魚のあくとはちがうのでとらなくてよい。
味見は香りが足りなかったらしょうゆを足し、塩は最後でも調節できるのでココでは入れない。
片栗粉を入れるとき沸騰していなくてもよい。

■穴あきお玉を使って溶き卵2個分を流し入れる。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
穴あきお玉だと卵が細くなり、ふわふわになる。
卵をいれてもにごらないのは先に片栗粉が入っているから。

■別の鍋にお湯を沸かし、冷凍うどん4玉を入れて茹でる。
一緒にさつま揚げ4枚も入れて温かくする程度にさっと温める。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
さつま揚げは動物性のものが入っていないので入れる。

■器にうどんと作ったスープを入れてさつま揚げをのせる。
小口切り万能ネギ適量をちらし、七味唐辛子をお好みで適量別添えしたら出来上がり♪


さつま揚げはかき揚げや野菜天、ゴボ天などに変えてもOK。とろみのついたみぞれうどん、さすがデリデリキッチンのレシピだけあって、簡単・美味です。
久田さんのあったかポッカポカ簡単デリデリキッチンレシピはいかがですか?


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月8日
『ぬくもり雪見うどん』

 

デリデリキッチン レシピ 2007年1月5日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月5日
『ピリ辛ミソなこんがり焼き餃子』


今週のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”おせちの後はこれだね・メニュー”です。


2007年1月5日のデリデリキッチンは、
『ピリ辛ミソなこんがり焼き餃子』


おせち料理が続いた後は、今日のデリデリキッチン レシピのような餃子はいかがでしょう?
今日は合い挽き肉に豆板醤。隠し味にみそを加えたピリ辛のパリッと焼き上がる餃子のレシピ。


料理研究家の河村みち子さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)

■合い挽き肉200gをボウルに入れて、豆板醤小さじ1、塩小さじ1/2、みそ小さじ2、酒・ゴマ油各大さじ1、しょうゆ小さじ1、加えて混ぜ合わせる。最後に水大さじ2を何回かに分けて入れて、手でよく混ぜ合わせる。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
最後に水を加えるとふっくらジューシーのなり、粘りがでる。

■さらにみじん切りタマネギ1/2個、5mm幅小口切りニラ1/2束を加えてまた混ぜ合わせる。

■混ぜ合わせたタネをギョーザの皮(1袋24枚入り)にのせて縁に水を適量つけてしっかり包む。これを24個同様に作る。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
下側(フライパンに接する部分)を広めに包むと焦げ目が広くつき美味しそうに仕上がる。

■サラダ油適量をフライパンに入れて熱し、餃子を並べて2,3分焼く。
★ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
しっかり焼き色を付ける。間が開いているとおいしい肉汁が出てしまうので間隔を開けないように並べる。

■熱湯1/2カップを加えてふたをして約4分蒸し焼きにする。
■ふたをとって水分を飛ばすようにさっと焼き、ごま油適量を回しかける。

■お皿に盛って、酢、ラー油適量ずつを混ぜたものを別添えしたら出来上がり♪
ココでデリデリキッチン レシピのポイントです!
塩味はしっかり付いているので何もつけなくてもOK。酢とラー油でいただきます!


簡単にできるデリデリキッチンの新年の餃子レシピですが、やみつきになる味かも。水餃子でも揚げ餃子にでもアレンジOK。
河村さんのさくっと簡単デリデリキッチンレシピをどうぞ。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月5日
『ピリ辛ミソなこんがり焼き餃子』

デリデリキッチン続きはこちら

デリデリキッチン レシピ 2007年1月4日

デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月4日
『オムナポリタン』


今週のテーマは、去年末のデリデリキッチン レシピに代わり、”おせちの後はこれだね・ニュー”です。


2007年1月4日のデリデリキッチンは、
『オムナポリタン』


2007年もはじまりましたデリデリキッチン!今年も簡単で美味しいレシピをたくさん紹介してくれることでしょう。
今年もがんばってメモを取って一つでもレパートリーを増やしていきたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。
今日は何とも不思議なデリデリキッチン レシピらしい簡単にできちゃうナポリタンの卵とじ?のレシピ。


料理家のケンタロウさんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(2人分)

■鍋に割としっかり目に塩を加えたたっぷりの熱湯で1.8mmスパゲティ140gを茹でる。
★デリデリキッチン レシピのポイント!
アルデンテにはしない。表示時間より1分ほど長めでよい。

■サラダ油適量と風味付けにバター小さじ1をフライパンに入れて熱し、薄切りタマネギ1/2個分を透き通ってしんなりするまで炒める。
1cm幅に切ったスライスロースハム3枚分、へたと種を除いて細切りにしたピーマン1個分、スライスして水気を切った缶詰マッシュルーム50gを加えて炒め、トマトケチャップ大さじ4を味がなじむように炒め合わせる。

■フライパンのほうへ茹でたスパゲティをお湯をきちんと切ってからいれて、絡め合わせ、粉チーズ大さじ2、塩適量を加えて全体を絡める。
★デリデリキッチン レシピのポイント!
スパゲティのお湯はしっかりと切る。

■フライパンの縁にサラダ油を少し足して火を止め、卵2個、塩・黒コショウ適量で溶いた卵液を周囲だけに回し入れ、弱火で2分程度そのまま加熱して焼く。

■器にオムナポリタンをひっくり返して盛り、みじん切りのパセリ、粉チーズ適量をふる。
お好みでタバスコを適量かけて出来上がり♪


簡単にできるデリデリキッチンの2007年最初のレシピ、アルデンテ禁止?のオムナポリタンのレシピです。
ケンタロウさんのひねりの効いたデリデリキッチンレシピをどうぞ。


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年1月4日
『オムナポリタン』

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。