デリデリキッチン レシピ 2007年2月15日

スポンサードリンク

デリデリキッチン レシピ 2007年2月15日


スポンサードリンク


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年2月15日
『たまには手打ちで!鶏南蛮うどん』


今日のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに続き、”愛情たっぷり・LOVE2メニュー”です。


2007年2月15日のデリデリキッチンは、
『たまには手打ちで!鶏南蛮うどん』


昨日のバレンタインデーはいかがでしたか?デリデリキッチンレシピの出番は?(笑)
今日のデリデリキッチンレシピは一見手間がかかりそうな手打ちうどんのレシピです。
でもちょっとの工夫で手間を省いてぬくもりと愛情を感じるそんなデリデリキッチンレシピをどうぞ!


「胡豆昆」店主の加藤敏彦さんのレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)


■ボウルに中力粉300gを入れ、溶き卵1個分、塩小さじ1/2を加えて菜箸で混ぜ、水100〜120ccを少しずつ加えながら混ぜる。
混ざったらさらに手で混ぜ、取り出してよくこねる。
丸く形を整えラップに包み、電子レンジ弱(200W)で1分加熱して取り出した後も約30分寝かす。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
中力粉は昔うどん粉とも言われていた。中力粉がない場合は強力粉と薄力粉を半々でもOK。
卵は普通入らないが家庭で作るには入れた方がおいしい。
電子レンジが500Wor600Wの場合は、解凍で2分体温より少し高いくらいの感じに。
本当は半日寝かせるそうです。。。
→コシが出て粉っぽさがなくなる。

■だし汁7カップを鍋に入れて、皮をむいて短冊切りにしたニンジン1/4本分、水で戻し薄いそぎ切りにした干しシイタケ8枚、葉はざく切り芯はそぎ切りにした白菜4枚を加え、みりん、しょうゆ各大さじ4 2/3、酒大さじ2を入れて煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
白菜はクタクタに。

■うどんの生地を打ち粉をしたまな板にラップを取ってのせて、うどんの生地を手で丸く平らになるようにして真ん中から後ろ、真ん中から前とのばし、さらに薄くした生地を麺棒に巻き2〜3mm厚になるまでのばす。
中力粉を振りながら半分に折り、さらに粉を振り半分に折って端から約5mm幅に切ってほぐす。

■鍋にうどんと鶏モモ肉1枚を縦半分に切り細切りにして加えて3〜4分煮る。
★ココでデリデリキッチンレシピのポイントです。
鶏肉は煮すぎると固くなってしまうので注意。

■野菜が柔らかくなったら斜め薄切りにした長ネギ1本分を加え、さっと煮て器に盛って、お好みで七味唐辛子をふったら出来上がり♪


バレンタインデーは過ぎてしまいましたが、大切な人を愛情たっぷりの手打ちうどんでもてなしてみるのもいいかも。
今日のデリデリキッチンレシピでは、かんたん手打ちうどんで色々な小技を教えてくれました。これならできそうって思わせるデリデリキッチンレシピですね♪


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2007年2月15日
『たまには手打ちで!鶏南蛮うどん』

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。