デリデリキッチン レシピ 2006年11月8日

スポンサードリンク

デリデリキッチン レシピ 2006年11月8日


スポンサードリンク


デリデリキッチン レシピ紹介 2006年11月8日
『ピリゴマだれで豚しゃぶうどん』


今週のテーマは、昨日のデリデリキッチン レシピに引き続き、
”いろいろ使える万能ソースメニュー”です。


2006年11月8日のデリデリキッチンは、
『ピリゴマだれで豚しゃぶうどん』


中国黒酢の酸味とラー油のピリ辛を練りゴマのベースに合わせた
中華風ピリゴマだれを使ったレシピ!


「大鴻運天天酒楼」マダムのアーティさんのレシピです。

今日のレシピおさらいです。(4人分)


■練り白ゴマ240g、しょうゆ大さじ8、中国黒酢・砂糖各大さじ7、
ラー油大さじ4、水1/2カップ、粉末中国山椒大さじ1〜1 1/2、
いり白ゴマ小さじ2/3、刻みピーナッツ・小口切り長ネギ各大さじ2、
塩小さじ1/3をボウルに順に入れてよく混ぜて、ピリゴマだれを作る。
★ココでポイント!
お子様がいる場合、ラー油・中国山椒は様子をみながら調節する。
水はゴマでドロドロなので伸ばすためにいれたほうがよい。

■鍋に長ネギの青い部分、お酒各適量を入れ、たっぷりのお湯を
沸かし、豚バラ薄切り肉150gをくぐらせ、さっとゆで、水気を切る。
★ココでポイント!
長ネギとお酒を加えた熱湯に入れることで、豚肉の臭みをとる。

■鍋にもやし1/2袋分を入れ約2分ゆでて上げ、
繊維を断ち切るように細切りにした白菜1/4個分を、
芯の部分は約1分、葉の部分はさっとゆでて水分を切る。
★ココでポイント!
野菜を別々にゆでるのは、盛り付ける時に別にしたいため。

■稲庭うどん3束270gを鍋に入れて、表示どおりにゆでて、
ザルに上げて流水でさっと洗う。

■器にまずうどんの水気を切って入れ、豚肉、白菜、モヤシ、
ラディッシュ2個ずつ(8個)、細切りキュウリ1本分を
見た目よく盛り付け、作っておいたピリゴマだれを適量を
違う器に入れて出来上がり♪


今日のソース「ピリゴマだれ」は密閉容器で1〜2週間保存可能。
中国黒酢がない場合は、日本の酢でもよいが、味見をしながら
調整する。
白い酢は黒酢よりすっぱいので量は少なめでよい。

美味しそうですね!


↓デリデリキッチンレシピ詳細を見たい方は、ESSEをご覧ください!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


デリデリキッチン レシピ紹介 2006年11月8日
『ピリゴマだれで豚しゃぶうどん』

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。